ストーリーをシェアする

DearJournal@aubergeresorts.com

マウナラニのストーリー

マウナラニのストーリー

出かける ハワイのスピリットを感じる体験

洞窟の中で子供たちに話をするDanny

カラフイプアア歴史公園のトレイルを歩く途中で目にするさまざまなペトログリフには、原始時代の様子を伝えるシンボルが描かれ、ハワイの古代の豊かな歴史を感じとることができます。さらにこの周辺には、溶岩洞と一部が崩れた溶岩泡によって形成された自然の洞窟が40か所もあり、探索するのにぴったりです。けれども私たちは、そのなかでもとりわけ神秘的な「スピリットケイブ」と呼ばれる洞窟を目指していました。マウナラニから 少し歩いた ところで、ハワイの歴史と文化に精通するリゾートのエキスパート、 Dannyがこの公園にあるその珍しい洞窟の話をしてくれました。

Dannyによると、発掘されたこの洞窟には、1200年頃、ハワイに最初に住み着いた人々が暮らしていました。この洞窟をパワースポット、あるいは生命のエネルギーを感じる場所と考える人もいるそうです。洞窟の奥には天井に穴のあいた場所があり、そこから差し込んだ光がその下に立つ人を照らすことから、美しいオーラの写真を撮影できるスポットとも言われています。

その話にすっかり夢中になった私は、その神秘を探るべく洞窟へと足を進めました。洞窟に差し込む光が最も強くなる時間帯、正午に洞窟に着くようにしました。洞窟の入口へと続く道では穏やかな海風が吹き、私たちを迎えてくれているかのようでした。洞窟の奥へと進むと、訪れた他の人たちが光の下に立ち、写真を撮っているのが見えました。その空間は静かな興奮に満ちていました。

やがて私の番になり、光の下に立ちました。あたたかな太陽の光を顔に感じ、リラックスした後、上を見上げて両手を広げたところで夫が写真を撮ってくれました。私のオーラが写真に写っているかどうかは分かりませんが、その光はこの世のものとは思えない輝きを放っていたことは確かです。洞窟を去る時には、ハワイとのつながりがもっと深くなったように感じました。マウナラニのストーリー

#AlwaysAuberge